2014年07月08日

【日記】のようなもの。

取引先の人から手荒れと勘違いして心配された。

hand.jpg

気がついたらこの3ヶ月でこんな手になってた。
不思議と全然痛くないもので、ギター弾きの左手ってボロボロになるほどサイヤ人みたいにどんどん逞しくなる。
いつかうちの子もギター弾きたいって言い出すかなあ。
言い出さないかなあ。

posted by Muu.74 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月06日

【新曲更新】 「僕は仔犬のように。」



ニコニコ動画に新曲をUPさせて頂きました。
早々にコメントを寄せていただいた皆様,本当にどうもありがとうございます。

3ヶ月の間、離れて暮らしていた家族がもうすぐ我が家に帰ってきます。

昼は仕事に、夜は育児に追われる毎日になるでしょう。
だけど、忙しい毎日なんて当たり前で。
きっと退屈な毎日を繰り返していたら、僕はこんな風に生きてこれなかった。

久しぶりに会った娘が、手を握って「おとうさん、おとうさん!」と言ってくれた。
その笑顔を思い返すたび、一日も早く元の生活に戻りたいと感じます。

うまい具合にいろんな事を両立できる人もいるでしょう。
でも、僕は不器用だから。
精一杯の一曲を書き残す事が出来たから、また暫く休業しようと思っています。
心や時間に少しでも余裕があるのなら、子供たちの為に注いであげたい。

それは、日中毎日じぶんの全てを捧げている嫁への誠意でもあると思う。
僕たちは、いま本気で自分の命を後に紡ごうとしている。

色んな事があって、人は急に命が途絶えてしまうものだと学んでしまったから。
どこまでも、いつまでも、後悔の無いように生きていたいと思うのです。

ただ、僕は幾つになっても「ギターをかき鳴らしている瞬間が最も我儘になれる生き物」で。

何かを思い出す為にまた急に音楽と向き合う事になるかとは思います。

ただ、ひとつの区切りとして。
いつも声を寄せて頂いた、耳を傾けて頂いた皆さんに、心からお礼の言葉を。

本当に、どうも有難うございました。
そして、またいつか宜しくお願い致します。


いつか子供が見るかもしれないので、日記は細々とやっていこうと思っています。

お父さんは、幸せだよ。
posted by Muu.74 at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | VOCALOID

2014年07月01日

新しい相棒、AXIS-EX。



子供が産まれた6月1日、その翌日(6月2日)。
それは正に僕自身の誕生日であったわけで。
津田沼で一目惚れして、盛岡に連れて帰りました。

多分、自分が一番ギターに夢中になってた90年代後半。
B'zのTAK松本氏が愛用していた「ミュージックマン エディーヴァンヘイレン・シグネイチャー(EVH)」。
憧れの存在だったその一本。
LOVE PHANTOM,ミエナイチカラ・・ジャケットに映るTAKが構えるその一本にひどく憧れたもんです。
代々木競技場にライブ見に行ったりしました。
SURVIVEの頃まで結構な頻度で活躍してたんじゃないかと。

アクシスは、正確にはミュージックマンとエディーの契約が切れた後に名前を変えて再販されたもの。
そして、「アクシスEX」はアクシスと同じ部品を使って日本国内で生産されたいわば廉価版。
といっても、当時21万円くらいしたものな筈。
10代の自分には高嶺の花もいい所でした。
その憧れのアクシスが、玄関開けてただいますると待ってるわけです。
童心にかえるってもんです。

ネック形状や指板の塗装,キルトメイプルトップの厚みが違ったりと細かい部分で「日本仕様」らしいのですが弾き比べた方のレビューによればまぁ甲乙つけがたしらしいです。
音の分離がいい、とレビューで良く書かれる通り。6本の弦を鳴らしても個々の音がしっかり残る感じ。
座って弾くと、胸に当たる部分でシッカリ振動を感じられる程「鳴り」ます。こりゃあ凄い。

トグルスイッチはメサブギーの古いアンプみたいにガチッっと切り替わるタイプ。

弾いてて飽きないです。

プレイヤーズコンディションなので、裏はバックル傷が多かったりするのですが。
まぁ、働き者だったんでしょう。

これから末永く、よろしく。

posted by Muu.74 at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギター

2014年06月14日

【日記】Twitterからブログへの記事挿入。

Twitterのログからブログに記事挿入できるみたいなのでテストしてみる。



posted by Muu.74 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月05日

【日記】子供が生まれた今、君に謝りたい事。

何度も何度も書いては消して、ここに落ち着いてる。

君に、謝りたい。

6月1日−僕たち家族に、新しい仲間がやって来た。
我が家に、という表現ではないのはここ2カ月も離れて暮らしていたからだ。
(そろそろ産まれるんじゃないか・・)そんな期待もあって、君に会いに行った土曜の朝。
その翌日、予定より一週間も早く子供が産まれた。

一人目の娘に続いて、まさかの立会出産を経験する事が出来た。
しわくちゃな手を握り締めながら、目を細めて産声をあげる赤ん坊の声。
泣いたよ、10年ぶんくらい泣いた。
出会ってから14年目の夏、僕らはめでたく4人家族になった。
誰が絵に描いても幸せな構図。

そんな一週間のはずなのに、ひとり盛岡に戻った僕は仕事に明け暮れている。
合間の電話もままならず、君から送られてくる写真に返事をかえすのが精一杯で。
毎日毎日、日付が変わるまで働いて暗い部屋に帰宅する。

離れて暮らしているとはいえ、本当に何も出来てないねって。
一人目の時は、一生懸命仕事を早く片付けて家に帰ったり、頑張れていたのに。

なぜだか、しばらく仕事をしても仕事をしても一向に片付かなくて。
次から次へと仕事が舞い込んできて。(これは決して儲かってるって話じゃあないんだ)

こんなんじゃ、一緒に暮らせるようになっても何も出来ないよねって。
さすがにここ数日身体もキツくて、このまま歳を取るなら転職も考えなくちゃまずいんじゃないかって。

そう、6月2日にめでたく歳を取ってまたオジサンになってしまったから。
泣きたいくらい疲れちゃって、だけど君の為に何にも出来てないなあって。

やらなくちゃいけない仕事に追いかけまわされて。

【自分が今どれだけ幸せなのか、それを見失ってしまった事。】

それについて、心から謝りたいと思うんだ。

君には、「いろいろ力になれなくてごめん」とだけメールしたけど。
僕自身の気持ちをどうしても整理したくて、「もしかしたら、いつか君が見るかもしれない」場所に本当の気持ちを残しておきたくて。

こんなに、こんなに幸せなのに なんで俺こんなに辛い顔してるんだよって

君だって、朝も夜も無いくらい、2人の子供を一生懸命育てているのに。

【俺一人辛いような、そんな顔をしてしまった事。】

心から、謝りたいと思うんだ。


仕事が山積みでホントうんざりな毎日なんだけれど。
疲れてるって事とさ、幸せじゃないって事は無関係だと思うんだ。
どんなにくたびれてても。

今、俺は心の底から幸せだと思うんだよ。
それを忘れてしまうって事は、父親として、夫として、ダメだと思うんだ。

良い言葉を見つけたんだ。

「頑張らなきゃ」は「頑張りたくないけど頑張らなくちゃいけない」なんだって。
やりたくない事をやらなくちゃいけない、そりゃあ辛いよって。
言い方の違いひとつだけど「頑張ろう」って言い換えるだけで「俺の意志になる」んだって。

頑張ろう。

幸せになろう。

ああ、そうだよ。

4人でいつか、海に行こう。

手を繋いで。

あんなに泣いたのに、涙が止まらない。

産まれてきてくれてありがとう。

俺の子供を産んでくれてありがとう。

お母さんの傍にいてくれてありがとう。

俺を産んでくれてありがとう。

−生きよう。


posted by Muu.74 at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記