2014年06月14日

【日記】Twitterからブログへの記事挿入。

Twitterのログからブログに記事挿入できるみたいなのでテストしてみる。



posted by Muu.74 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月05日

【日記】子供が生まれた今、君に謝りたい事。

何度も何度も書いては消して、ここに落ち着いてる。

君に、謝りたい。

6月1日−僕たち家族に、新しい仲間がやって来た。
我が家に、という表現ではないのはここ2カ月も離れて暮らしていたからだ。
(そろそろ産まれるんじゃないか・・)そんな期待もあって、君に会いに行った土曜の朝。
その翌日、予定より一週間も早く子供が産まれた。

一人目の娘に続いて、まさかの立会出産を経験する事が出来た。
しわくちゃな手を握り締めながら、目を細めて産声をあげる赤ん坊の声。
泣いたよ、10年ぶんくらい泣いた。
出会ってから14年目の夏、僕らはめでたく4人家族になった。
誰が絵に描いても幸せな構図。

そんな一週間のはずなのに、ひとり盛岡に戻った僕は仕事に明け暮れている。
合間の電話もままならず、君から送られてくる写真に返事をかえすのが精一杯で。
毎日毎日、日付が変わるまで働いて暗い部屋に帰宅する。

離れて暮らしているとはいえ、本当に何も出来てないねって。
一人目の時は、一生懸命仕事を早く片付けて家に帰ったり、頑張れていたのに。

なぜだか、しばらく仕事をしても仕事をしても一向に片付かなくて。
次から次へと仕事が舞い込んできて。(これは決して儲かってるって話じゃあないんだ)

こんなんじゃ、一緒に暮らせるようになっても何も出来ないよねって。
さすがにここ数日身体もキツくて、このまま歳を取るなら転職も考えなくちゃまずいんじゃないかって。

そう、6月2日にめでたく歳を取ってまたオジサンになってしまったから。
泣きたいくらい疲れちゃって、だけど君の為に何にも出来てないなあって。

やらなくちゃいけない仕事に追いかけまわされて。

【自分が今どれだけ幸せなのか、それを見失ってしまった事。】

それについて、心から謝りたいと思うんだ。

君には、「いろいろ力になれなくてごめん」とだけメールしたけど。
僕自身の気持ちをどうしても整理したくて、「もしかしたら、いつか君が見るかもしれない」場所に本当の気持ちを残しておきたくて。

こんなに、こんなに幸せなのに なんで俺こんなに辛い顔してるんだよって

君だって、朝も夜も無いくらい、2人の子供を一生懸命育てているのに。

【俺一人辛いような、そんな顔をしてしまった事。】

心から、謝りたいと思うんだ。


仕事が山積みでホントうんざりな毎日なんだけれど。
疲れてるって事とさ、幸せじゃないって事は無関係だと思うんだ。
どんなにくたびれてても。

今、俺は心の底から幸せだと思うんだよ。
それを忘れてしまうって事は、父親として、夫として、ダメだと思うんだ。

良い言葉を見つけたんだ。

「頑張らなきゃ」は「頑張りたくないけど頑張らなくちゃいけない」なんだって。
やりたくない事をやらなくちゃいけない、そりゃあ辛いよって。
言い方の違いひとつだけど「頑張ろう」って言い換えるだけで「俺の意志になる」んだって。

頑張ろう。

幸せになろう。

ああ、そうだよ。

4人でいつか、海に行こう。

手を繋いで。

あんなに泣いたのに、涙が止まらない。

産まれてきてくれてありがとう。

俺の子供を産んでくれてありがとう。

お母さんの傍にいてくれてありがとう。

俺を産んでくれてありがとう。

−生きよう。


posted by Muu.74 at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月25日

【日記】のようなもの。

歳を取って、一人で居る事が随分苦手になってしまった。

仕事は別として、色んな事を自分一人で決められないというか。
休みの日に家でボーッとしていると、昼飯何を食べようか、そんな事で
一時間くらい悩んでしまう事もある。
いや、正しくはきっと頭がうまく働いていない。

うまく言葉にならないけれど、きっと良い歳して寂しいんだろうな、と思う。
玄関の戸を開けて、家族の声が聞こえない事。

休みの日にどこに出かけるか、何を食べるか。
ずっと、娘と嫁に合わせてあれこれ考えていたから、いざ自分がどうしたいかと言うと
「あぁ、何でもいいな・・」となってしまうのだろうなと気付いた。

趣味の事。
一ヶ月間、好き放題やらせてもらったと思う。
とことん、良い曲を作る事の難しさを感じた。
楽曲の構成とメリハリ,歌詞として成立する程の想い,仕上げのミックスダウン。
足りない物を色々感じるものの、これもやはりどうしたら良いか解らない。

もうすぐ子供も生まれて、それどころじゃないんだから、という気持ちがセーブに入ってる気もする。

良い物を聴いて、自分もこんな曲作れたらな、って。
そんな気持ちは忘れないようにしたいと思う。

ただ、少し無理をし過ぎたかな、と感じる部分もあって。

目の前に、こんな奴が居たら。
「良いんじゃない、少し色んな事忘れてのんびりしたら?」
そんな声をかけるだろう。

きっと、短い時間にいろんな事を考え過ぎて疲れてしまったのだろう。
色んな事片付いて、気持ちがスッキリするまで、少し休んだら良いんじゃないかな。

生憎仕事はギュウ詰めだけれど。
それだって、まぁ、なんとかなるだろう。

大丈夫だって自分に言い聞かせたい夜は、きっと不安なんだ。

それが解る歳になってしまったから、いっそ布団に潜り込んでしまおう。

まとまらない事に決して苛立たない−。これで、いいんだ。
posted by Muu.74 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記