2014年07月01日

新しい相棒、AXIS-EX。



子供が産まれた6月1日、その翌日(6月2日)。
それは正に僕自身の誕生日であったわけで。
津田沼で一目惚れして、盛岡に連れて帰りました。

多分、自分が一番ギターに夢中になってた90年代後半。
B'zのTAK松本氏が愛用していた「ミュージックマン エディーヴァンヘイレン・シグネイチャー(EVH)」。
憧れの存在だったその一本。
LOVE PHANTOM,ミエナイチカラ・・ジャケットに映るTAKが構えるその一本にひどく憧れたもんです。
代々木競技場にライブ見に行ったりしました。
SURVIVEの頃まで結構な頻度で活躍してたんじゃないかと。

アクシスは、正確にはミュージックマンとエディーの契約が切れた後に名前を変えて再販されたもの。
そして、「アクシスEX」はアクシスと同じ部品を使って日本国内で生産されたいわば廉価版。
といっても、当時21万円くらいしたものな筈。
10代の自分には高嶺の花もいい所でした。
その憧れのアクシスが、玄関開けてただいますると待ってるわけです。
童心にかえるってもんです。

ネック形状や指板の塗装,キルトメイプルトップの厚みが違ったりと細かい部分で「日本仕様」らしいのですが弾き比べた方のレビューによればまぁ甲乙つけがたしらしいです。
音の分離がいい、とレビューで良く書かれる通り。6本の弦を鳴らしても個々の音がしっかり残る感じ。
座って弾くと、胸に当たる部分でシッカリ振動を感じられる程「鳴り」ます。こりゃあ凄い。

トグルスイッチはメサブギーの古いアンプみたいにガチッっと切り替わるタイプ。

弾いてて飽きないです。

プレイヤーズコンディションなので、裏はバックル傷が多かったりするのですが。
まぁ、働き者だったんでしょう。

これから末永く、よろしく。

posted by Muu.74 at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100894686

この記事へのトラックバック