2019年11月19日

【日記】針路、北へ。

皆様お変わりございませんでしょうか。
またもや、前回の投稿から一年近く経ってしまいました。

その間、やはり我が家には色んな事があり、色んな事が起き、色々と大変な事態になっていました。
いま僕はこの日記を、北の大地−北海道で綴っています。

お世話になっていた社長から【札幌で仕事をしてほしい】と告げられ。
3年間慣れ親しんだ長野の街に別れを告げ、
真冬の札幌でたった一日で住処を選び、
夫婦揃って一睡も出来ぬまま箱詰めに追われるという日々から、7ヶ月近く過ぎました。

大きな環境の変化。
それは家族にとっても大きな負担だった筈で。

新しい幼稚園に馴染めない息子は、暫く喧嘩の絶えない毎日でした。
怪我をして、怪我をさせて帰ってくる度に、重く、辛い食卓を囲みました。
小学2年生になった娘は、緊張感がみなぎる【転校生】としての毎日を過ごし、
嫁は寝る間を惜しんで家族の生活を支えてくれました。

自分に付いて来てくれたこと、今を共にこうして歩いていてくれる事。
あらゆる事を乗り越えたり、今も多分、ひっそりと悩みながらも頑張ってくれている事。
心の底から、感謝しなければいけないと思っています。

いつかこの暮らしにも終わりが来ると、そう考えながら生きています。
会社人として僕に与えられた役割、その為の住処と。
子供たちの将来を見据えたとき、ふさわしい住処と。
家族みんな一緒が幸せだけれど、きっとそれはいつかイコールにならなくなる。
そう考えながら生きています。

それに、僕の体もいつまで丈夫か分からない。
今特に怪しい様子はないけれど、事故や病気や災害は凄く残酷で、【夢であってほしい】と
願うような悲しみを突き付けてくるものだから。
昨日までの幸せや日常が、あっという間に変わってしまうものだから。
いつ悲しみが訪れても良いよう、後悔の無い人生を過ごすなんて。
それは後ろ向きな言い方も知れないけれど。

例えばスケッチブックみたいに、残り何ページを気にしていたら、きっと退屈な
落書きはしないだろうな、と。

3年前の引っ越し。
僕は日記に「この先向かう場所で絶対にあいつを幸せにする」と家族への思いを綴りました。

歳を取って今は、【僕もこの街でとことん楽しもう】と。
皆が笑わなきゃ、きっと幸せになれない。

安いテントを買って、星空の下で焚火をしながら家族でのんびり過ごしたり。
フェリーに乗ってクルージング・・の筈が全員船酔いでダウンしたり。
新しい思い出を皆で作る事に、夢中になっています。

仕事は、そりゃもう相変わらず大変で。
漸く慣れてきた頃に違う仕事、より難しい仕事を与えてくれるものでこれもまた試練です。
今日もまた、若い頃の僕だったら泣きベソかいて一晩中ギターを弾いていただろうな、というくらい
大変な事があったのですが。

今の僕は、父に戻る事で自分をリセットできるのです。

家族、我が家、帰る場所とはよく言ったもので。
僕もまたあるべき場所に戻す−リセットされてる。

それが長野だろうと北海道だろうと。
僕らが築いた家族4人、そこに揃っていればきっと頑張れる。

明日の僕らが、そう信じられるように。

posted by Muu.74 at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記