2016年03月09日

【日記】僕らは何処へ向かっているのか。

大変ご無沙汰しております、Muu.です。
前回の日記更新より半年以上時間が経過してしまいました。
何度も日記を書こうとしたのですが、書いては消して、やめてしまう事ばかりでした。

つらい事があった訳ではなく。
ただ、何というかそれなりに必死に生きて来れたのかなぁ・・と思います。
ただ、どんなに頑張っても子供たちの生き方にはかなわないなぁ・・と思います。
毎日大声で笑って、泣いて、どうやったらそんなに一生懸命生きられるのかな。

僕なりに、この半年というのは家族と真剣に向き合えたんじゃなかろうかと思っています。

会社からいよいよ辞令が下りまして、8年6ヵ月住んだ盛岡の地を離れる事になりました。
どうやら今度は北陸に移り住むようです。

もうすぐ4歳になる娘は、日増しに「ひっこし」の意味を実感していってるようで。
例えば、来春から通園する予定だった幼稚園にさよならを言いに行ったり。
週に一回の習い事が、あと数回で終わってしまう事だったり。

あぁ、僕がいろんな別れの引き金を引いてしまったんだなぁ・・と涙が出そうになります。

彼女は、何も悪くないのに。

つらい思いをさせてしまっているんだなぁ・・と涙が出そうになります。

あの子の全力を、全力で受け止めてあげる事がせめてもの誠意なのかな、と思います。

「ごめんね」って謝る僕に、たった3歳の子供が言うんですよ。
「だいじょうぶよ」って。

でもあいつ、僕が居ない前では泣いちゃうんですよ。
友達と、先生と離れたくないって。

だから、どんな事があってもこの先むかう場所で絶対にあいつを幸せにしなくちゃいけない。
幸せになって欲しい、じゃなくて。
絶対、幸せにしてあげなくちゃいけない。

あの子がこの世界に生まれてきた記念日まで、もう少し。

小さいけど、とっても温かいその手を握り締めて、新しい街で目いっぱい走り回るんだ。
あの子の笑顔が見れるなら、僕一人が満足する喜びなんてどれほどの価値があるだろう?

ギターが弾けないなんて、ちっとも寂しくない。

きみの手を握ることで、今はとってもいそがしいから。
posted by Muu.74 at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記